Q. 周囲の人への病気の伝え方は?

A. 緊急時などに備えて、病気について伝えておいた方がよい場合もあります。説明の仕方などについては、主治医に相談してください。

周囲のすべての人に病気について伝える必要はありませんが、緊急時や症状が悪化したときに備えて、伝えておいた方が安心な場合もあります。
フォン・ヴィレブランド病について、わかりやすくまとめたパンフレットなどもありますので、病気の説明の仕方については、主治医や医療スタッフにご相談ください。

緊急時に備えて

緊急時に、ご自身がフォン・ヴィレブランド病であるとすぐに伝えられるように、ご自身の情報(氏名や住所、疾患名など)や受診医療機関の連絡先などを記載したカードを携帯しておくと安心です。

旅行にいくとき

万が一の際に旅行先でも病院にかかれるよう、フォン・ヴィレブランド病の診療が可能な専門病院の住所や電話番号を調べておきましょう。

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright 1995-2020 Takeda Pharmaceutical Company Limited. All rights reserved.

本サイトは主治医によって既にボンベンディ静注用を処方されている患者さんまたはそのご家族の方を対象として、ボンベンディ静注用の適正使用や安全性に関する情報を提供し、ボンベンディ静注用による治療について正しく理解していただくことを目的に作成しています。本サイトは、処方前の患者さんまたはそのご家族の方の閲覧を予定しておらず、ボンベンディ静注用の効果、有効性、信頼性等を保証するものではなく、また、医学的な判断、アドバイスを提供するものではないことをご了承ください。
ボンベンディ静注用の治療に関しては、必ず主治医の指示に従っていただくことが大切です。
ボンベンディ静注用について疑問等を持たれた場合や治療等に関しては、主治医または調剤された薬剤師に必ず相談してください。

あなたは、ボンベンディ静注用を処方されている患者さんまたはそのご家族の方ですか?
また、上記の内容に留意して本サイトを閲覧されますか?
以上について確認・同意される場合のみ、以下の「はい」をクリックし、それ以外の場合は「いいえ」をクリックください。

はい

医療関係者の方のための情報サイト

医療関係者の方々を対象に「ボンベンディ静注用」をより安全に、且つ適正にご使用いただくための情報サイトです。