ボンベンディの副作用について

ボンベンディの使用時には、副作用があらわれることがあります。
気になる症状がある場合や効果が不十分と感じる場合などには、医師や看護師に相談してください。

特にご注意いただきたい重大な副作用

ショック 、アナフィラキシー※1

  • ショックの症状

    冷汗が出る

    めまい

    顔面 蒼白 ( そうはく )

    手足が冷たくなる

    意識の消失

  • アナフィラキシーの症状

    発疹

    じんま疹

    胸の不快感

    息苦しい

    息切れ

    吐き気

    胃がむかむかする

    胸やけ     など

血栓塞栓症※2

血栓塞栓症の症状

  • 吐き気

  • 嘔吐

  • 脱力

  • まひ

  • 激しい頭痛

  • 胸の痛み

  • 押しつぶされるような胸の痛み

  • 突然の息切れ

  • 激しい腹痛

  • お腹が張る

  • 足の激しい痛み

※1:アレルゲンなどの侵入により、全身にアレルギー症状が起きる過敏反応
※2:血栓が血管内をふさいでいる状態

上記のような反応があった場合、使用を中止し、すぐに医師に相談してください。

以下のような副作用があらわれることもあります。

  • 神経系の障害

    浮動性めまい、回転性めまい、味覚の異常

  • 心臓の障害

    脈がはやい

  • 血管の障害

    血管の閉塞(発熱、皮膚や爪・唇の変色、手足のむくみ)、高血圧、ほてり

  • 胃腸の障害

    嘔吐、悪心(吐き気、胃がむかむかする、胸やけ)

  • 皮膚の障害

    全身のかゆみ

  • 全身・投与した部位の異常

    胸部の不快感、注射部位の異常感覚

  • 検査値の異常

    心電図の異常、心拍数の増加

上記以外でも、ふだんと違うと感じることがある場合は、医師や看護師にそのことを伝えてください。

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright 1995-2020 Takeda Pharmaceutical Company Limited. All rights reserved.

本サイトは主治医によって既にボンベンディ静注用を処方されている患者さんまたはそのご家族の方を対象として、ボンベンディ静注用の適正使用や安全性に関する情報を提供し、ボンベンディ静注用による治療について正しく理解していただくことを目的に作成しています。本サイトは、処方前の患者さんまたはそのご家族の方の閲覧を予定しておらず、ボンベンディ静注用の効果、有効性、信頼性等を保証するものではなく、また、医学的な判断、アドバイスを提供するものではないことをご了承ください。
ボンベンディ静注用の治療に関しては、必ず主治医の指示に従っていただくことが大切です。
ボンベンディ静注用について疑問等を持たれた場合や治療等に関しては、主治医または調剤された薬剤師に必ず相談してください。

あなたは、ボンベンディ静注用を処方されている患者さんまたはそのご家族の方ですか?
また、上記の内容に留意して本サイトを閲覧されますか?
以上について確認・同意される場合のみ、以下の「はい」をクリックし、それ以外の場合は「いいえ」をクリックください。

はい

医療関係者の方のための情報サイト

医療関係者の方々を対象に「ボンベンディ静注用」をより安全に、且つ適正にご使用いただくための情報サイトです。