監修:名古屋大学医学部附属病院 輸血部 教授 松下 正 先生

フォン・ヴィレブランド病の診断

出血が起こりやすくなる病気にはさまざまなものがあります。フォン・ヴィレブランド病の診断では、いくつかの検査を組み合わせてほかの病気と区別する必要があります。また、フォン・ヴィレブランド病のどのタイプ(病型)であるかも判断します。

診断・検査の進め方

01診察・問診

皮膚や粘膜に出血があるか、関節が腫れているかなどを調べます。
また、問診で以下のような点を確認します。

いつから症状があるか

かかっている病気があるか

服用中のお薬があるか

(女性の方)重い月経があるか、出産歴があるか

ご家族に同様の症状がある方がいるか ……など

02止血スクリーニング検査

血液に含まれる成分の数や止血までの時間などを調べ、止血の仕組みに異常がないかを確認します。

03特殊検査

血小板の機能やフォン・ヴィレブランド因子の数・機能をみる検査を行います。また、血液凝固因子の数や機能を検査し、血友病の可能性がないかも確認します。

これらの検査結果を総合してフォン・ヴィレブランド病と診断し、1・2・3型のどのタイプ(病型)であるか判断します。

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright 1995-2020 Takeda Pharmaceutical Company Limited. All rights reserved.

本サイトは主治医によって既にボンベンディ静注用を処方されている患者さんまたはそのご家族の方を対象として、ボンベンディ静注用の適正使用や安全性に関する情報を提供し、ボンベンディ静注用による治療について正しく理解していただくことを目的に作成しています。本サイトは、処方前の患者さんまたはそのご家族の方の閲覧を予定しておらず、ボンベンディ静注用の効果、有効性、信頼性等を保証するものではなく、また、医学的な判断、アドバイスを提供するものではないことをご了承ください。
ボンベンディ静注用の治療に関しては、必ず主治医の指示に従っていただくことが大切です。
ボンベンディ静注用について疑問等を持たれた場合や治療等に関しては、主治医または調剤された薬剤師に必ず相談してください。

あなたは、ボンベンディ静注用を処方されている患者さんまたはそのご家族の方ですか?
また、上記の内容に留意して本サイトを閲覧されますか?
以上について確認・同意される場合のみ、以下の「はい」をクリックし、それ以外の場合は「いいえ」をクリックください。

はい

医療関係者の方のための情報サイト

医療関係者の方々を対象に「ボンベンディ静注用」をより安全に、且つ適正にご使用いただくための情報サイトです。