監修:名古屋大学医学部附属病院 輸血部 教授 松下 正 先生

フォン・ヴィレブランド病の症状

フォン・ヴィレブランド病では、さまざまな部位で出血しやすく、血が止まりにくいという症状がみられます。症状はタイプ(病型)によって大きく異なり、1型や2型よりも3型でより重くなりやすいです。

すべてのタイプ(病型)で
みられる出血の例

  • 鼻出血、歯ぐきなど粘膜からの出血

  • 皮下出血(あざ・内出血)

  • 抜歯や手術、ケガによる出血が止まりにくい

主に3型でみられる症状

関節内出血、筋肉内出血

女性ではこれらに加え、月経過多、性器出血のほか流産・分娩時の異常出血がみられます。
幼少期には病気に気づかず、大きなケガや手術、出産などをきっかけに大人になってから診断されることもあります。
また、フォン・ヴィレブランド病は遺伝性の病気のため、ご家族に同じ症状をもつ人がいることがあります。

「Q. フォン・ヴィレブランド病の遺伝について教えてください」へ

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright 1995-2020 Takeda Pharmaceutical Company Limited. All rights reserved.

本サイトは主治医によって既にボンベンディ静注用を処方されている患者さんまたはそのご家族の方を対象として、ボンベンディ静注用の適正使用や安全性に関する情報を提供し、ボンベンディ静注用による治療について正しく理解していただくことを目的に作成しています。本サイトは、処方前の患者さんまたはそのご家族の方の閲覧を予定しておらず、ボンベンディ静注用の効果、有効性、信頼性等を保証するものではなく、また、医学的な判断、アドバイスを提供するものではないことをご了承ください。
ボンベンディ静注用の治療に関しては、必ず主治医の指示に従っていただくことが大切です。
ボンベンディ静注用について疑問等を持たれた場合や治療等に関しては、主治医または調剤された薬剤師に必ず相談してください。

あなたは、ボンベンディ静注用を処方されている患者さんまたはそのご家族の方ですか?
また、上記の内容に留意して本サイトを閲覧されますか?
以上について確認・同意される場合のみ、以下の「はい」をクリックし、それ以外の場合は「いいえ」をクリックください。

はい

医療関係者の方のための情報サイト

医療関係者の方々を対象に「ボンベンディ静注用」をより安全に、且つ適正にご使用いただくための情報サイトです。